窓ガラス撥水コーティング

main

「CAR CARE SERIES -カーケアシリーズ-」窓ガラス撥水コーティング
価格:¥4,000円(税別)▼販売サイトへ▼

特徴
ガラス表面に塗布することで強固な被膜を形成し、元の光沢をそのままで外部からの悪影響を遮断します。
半年~1年程度にわたり効果が長く持ちます。
使用中に酸化して不透明になったり、剥げて斑点状になるようなことはありません。
長期使用時に重ね塗りをしても透明感を失うような事はありません。
撥水効果が高く雨天時の視界が良好になります。


使用方法
①コート剤をガラス面に少しづつ垂らしながらクロス等で擦り込むように塗布します。
②塗りムラが無いように丁寧に塗ってください。
③15分程度経過したら濡らして絞ったクロス等で拭き取ります。
※本剤は摩擦係数が高いため、ワイパーのビビりを引き起こす可能性があります。
※ボディに垂れると塗装の変質を招く恐れがあるのでご注意ください。
※塗布後、時間が経過しすぎると完全に被膜化して拭き取りにくくなりますのでご注意ください。


使用上の注意事項

  • 飲用不可。
  • 子供の手の届かないところに置くこと。
  • 皮膚に触れたり、眼に入る可能性のある場合は保護具を着用のこと。
  • 蒸気やミストを吸入する可能性がある場合は、呼吸器具等の保護具を着用する。
  • 危険物が残存する機械設備類の修理時は、安全な場所で、危険物を完全に除去した後に行うこと。
  • 容器を転倒させたり衝撃を与えるなどの粗暴な取扱いはしないこと。
  • 容器から取り出す時はポンプなどを使用すること。細管等で口で吸い上げたりしないこと。
  • 火花、火炎もしくは高温体との接触や加熱を避けること。
  • 熱を加えて蒸気を発生させないこと。
  • 静電気対策を行い、作業着・靴等も導電性の物を使用すること。
  • 屋内で取り扱う際、ガス等が発生する場合には、発散源の密閉装置局所排気装置などの設備を設けること。
  • 取扱いの都度、容器を密閉すること。


  • 保管・廃棄方法

  • 直射日光を避けて、換気の良い冷暗所に貯蔵すること。
  • 類の異なる危険物(ハロゲン類、強酸類、アルカリ類、酸化性物質)との接触や同一場所での保管を避ける。
  • 保管場所で使用する電気器具は防爆構造とし、器具類はアースをとる。
  • 指定数量以上の量を保管する場合には、法で定められた基準を守ること。
  • 指定量以上の量を保管する場合は、危険物貯蔵所の表示をすること。
  • 熱、スパーク、火炎、静電気を避けること。


  • 備考
    用途:窓ガラスの撥水コーティング、ガラスの内側の曇り止め
    成分:変性シリコン・2-プロパノール・有機酸・ポリブテン・その他

    消防法:非危険物 / MADE IN JAPAN

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    ページ上部へ戻る
    ツールバーへスキップ